ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年3月3日

後期高齢者医療制度のしくみと被保険者証

後期高齢者医療制度のしくみと加入するかたの要件をご案内します。

運営

都道府県単位で設置されている後期高齢者医療広域連合が主体(保険者)となり、市町村を窓口として運営しています。

広域連合(保険者)の業務

  • 保険料の決定
  • 医療を受けたときの給付
  • 被保険者証の交付

市町村(窓口)の業務

  • 保険料の徴収
  • 申請や申し出の受付
  • 被保険者証の引き渡し

加入の対象要件

  • 75歳以上のかた(ただし、生活保護のかたは除く)
  • 一定の障がいがあると認定された65歳以上のかた

一定の障害とは

    • 身体障害者手帳1級から3級までのかた
    • 身体障害者手帳4級のかたで、音声言語機能の著しい障がいのあるかた、両下肢のすべての指を欠くかた、下肢の下腿2分の1以上を欠くかた、下肢の機能の著しい障がいのあるかた
    • 国民年金法における障害年金1級及び2級のかた
    • 精神障害者保健福祉手帳1級及び2級のかた
    • 療育手帳マルA及びAのかた

加入手続きの方法については、後期高齢者医療保険への加入手続きをご覧ください。

被保険者証

被保険証は、加入者1人1枚ずつ発行します。

8月1日から7月31日までを有効期間として、毎月7月下旬に書留郵便で送付します。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。