現在位置 ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 妊娠・出産・子育て支援 > 子育ての経済的な支援 > 出産したとき(出産育児一時金の請求手続き)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月24日

出産したとき(出産育児一時金の請求手続き)

加入している健康保険組合から出産育児のための給付として出産育児一時金が支給されます

出産をしたとき(妊娠85日以上の死産を含む)は、出産費用の一部助成として、妊産婦さんが加入している健康保険組合から出産育児一時金が支給されます。
ただし、退職して6か月以内に出産した場合は、退職時に加入していた健康保険組合から支給されます。

支給額

産科医療補償制度に加入している医療機関で出産した場合

出生1人あたり42万円

助産師や海外出産または産科医療補償制度に加入していない医療機関で出産した場合

出生1人あたり40万4,000円

ただし、平成26年12月31日までの出産については支給額が39万円となります。

支給方法

次のいずれかの方法で支給されます。

直接支払制度(医療機関が請求金額から事前に控除する制度)

医療機関で「直接支払制度の同意書」に署名をすることにより、健康保険組合からの支給を待たずに事前精算する制度で、現在ほとんどの医療機関でこの制度が採用されています。
これにより、医療機関にはその控除後の金額のみの支払いで精算することができます。
この場合、出産育児一時金は健康保険組合から医療機関に支給されます。

  • 精算例
    出産費用50万円-(出産育児一時金42万円)=医療機関への支払額8万円

出産費用が42万円に満たなかったとき

42万円から出産費用を差し引いた差額が健康保険組合から支給されます。
詳しくは、ご加入の健康保険組合にお問い合わせください。

申請による手続き(いったん全額費用を支払った後に健康保険組合に請求する方法)

助産師や海外出産および直接支払制度をおこなっていない医療機関での出産した場合は、いったん全額負担していただいた後、健康保険組合に申請することで出産育児一時金が支給されます。
この場合、医療機関への支払日の翌日から2年以内に請求手続きをしないと、時効により受け取ることができなくなりますのでご注意ください。

問い合わせ先

  • 加入している健康保険組合
    ただし、退職して6か月以内に出産した場合は、退職時の健康保険組合にお問い合わせください。
  • 国民健康保険(国保)に加入している方は、国保年金課にお問い合わせください

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。