現在位置 ホーム > くらしの情報 > 生活支援・消費生活 > 消費生活 > 取手市消費生活センター

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月20日

取手市消費生活センター

取手市の消費者行政の取り組み

市長表明

近年、規制緩和の進展、国際化、情報化、少子高齢化などの進行により、消費者を取り巻く経済社会が大きく変化し、消費者問題もますます多様化、複雑化しています。

特に、高齢者の生活の基盤である資産を狙った消費者被害は深刻な状況にあります。

取手市では、市民の消費生活の安全・安心を確保するため、消費者行政推進交付金を活用し、消費生活相談体制の充実、出前講座や消費者セミナーの開催による啓発活動、消費者教育の推進に取り組んでおります。

今後も引き続き、消費生活センターの相談体制を維持し、消費者被害防止のため関係機関との連携、協力を深め、市民一人ひとりが安心して暮らせる地域社会を目指して消費者行政の機能強化に取り組んでまいります。

平成29年3月吉日 取手市長 藤井信吾

消費者被害防止啓発活動

出前講座

『市民の消費生活の安全及び消費者被害』防止のため、消費生活相談員が講師となり出前講座を開催しています。悪質商法の手口や被害の情報をDVDや最近の事例を交えて分りやすく説明します。自治会や地域の集まり、学校のPTA活動等がありましたら、ぜひご利用ください。

開催日時

 平日の午前10時から午後4時までの2時間以内

参加人数

 10名以上から

内容

  • 最近の相談事例
  • 詐欺に遭わないために
  • 悪質商法とその対処法 他

申し込み方法

下記の出前講座申し込み用紙(講師派遣について(依頼))に必要事項をご記入の上、消費生活センターへお申し込みください。

出前講座申込み用紙(ワード:33KB)

出前講座申込み用紙(PDF:25KB)(別ウィンドウで開きます)

夏休み 小学校での出前講座を開催しました

平成29年、夏休み期間の学童保育にて出前講座を開催しました。学童保育の子ども達を対象にした講座は、今回が初めての取り組みです。お金の話や消費生活に関するクイズを通して、消費者トラブルや消費生活センターの仕事について知ってもらい、トラブル対応力を身につけることが目的です。

講座では、オレオレ詐欺の寸劇を取り入れ、センター自作の映像で子ども達にもわかりやすく、だます手口とだまされないようにするポイントを伝えました。

白山小学校

お金のはなしを興味深く聞く子ども達

永山小学校

夏休みは危険がいっぱい!安全に過ごしましょうと訴える相談員

街頭キャンペーン

高齢者の消費者被害を未然に防ぐため、毎年9月に街頭キャンペーンを実施しています。

悪質商法やニセ電話詐欺など、高齢者の被害が後を絶たないことから、株式会社カスミさんにご協力をいただき、市内2店舗の出入口付近で、街頭啓発活動を実施しています。

カスミ取手店にて行われた街頭キャンペーンの様子。パンフレットなどを手渡されている女性がいる。

街頭キャンペーン カスミ取手店にて平成28年9月実施

 

カスミ取手店で行われた街頭キャンペーン。チラシを配っている男性がいる。

街頭キャンペーン カスミ藤代店にて平成28年9月実施

消費生活展

昭和46年から開催している消費生活展は、毎年1回開催しています。消費者の保護と市民の合理的生活のため、市内消費者団体や協力団体が参加し、市民へ情報を発信しています。

消費生活展の様子。パネル展示等が行われ、係のかたと話しているお客様がいる。

平成28年10月に実施した、第46回消費生活展1日目の様子

消費生活展2日目の様子。手前のぷらっと健康相談に来ているお客さんの姿が見える。

平成28年10月に実施した、第46回消費生活展2日目の様子

消費者セミナー

賢い消費者をめざして、消費生活に関する様々な内容について、年1回程度、勉強会を開催しています。平成29年度は茨城県警察音楽隊を招きウェルネスプラザにて啓発コンサートを開催しました。開催時間の2時間前から並んだという方もいて350名定員の多目的ホールが満席となる盛況でした。「良い勉強になった。詐欺にあわないよう気をつけます。」と参加したかたからの感想をいただきました。

平成29年度消費者セミナーの様子

消費生活セミナー
消費生活センター相談員による最近の相談事例1

 

消費生活セミナーからの話消費生活センター相談員による最近の相談事例2

 

茨城県警察音楽隊による演奏

消費生活セミナーコンサート警察

茨城県警察音楽隊による演奏

消費生活セミナーコンサート

茨城県警察音楽隊による寸劇

消費生活セミナーコンサートの様子

演奏内容はクラシックから演歌まで幅広いレパートリー

消費生活相談業務

専門の消費生活相談員が、市民のかたと事業者との間に生じた商品やサービスに関する苦情などについて、公正な立場で相談を受け付けています。

カードローンや借金等での多重債務の相談にも応じており、適正な機関への紹介も行っています。

相談方法

来所または電話でのご相談を受けつけています。
メールやファクスでの相談は、詳しい内容をお聞きできないため受け付けておりません。

相談先

取手市役所産業振興課内消費生活センター

電話 0297-72-5022

相談受付時間

月曜日から金曜日 午前9時から午後4時(電話・来所)

(注意)年末年始、祝日・祭日を除く

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

産業振興課消費生活センター

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-0257

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。