現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > 予防接種 > お子さんの予防接種を受ける前に確認しましょう

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年9月28日

お子さんの予防接種を受ける前に確認しましょう

予防接種は、自分自身で免疫を作って病気を予防するための助けになりますが、まれに重い副反応をおこすことがあります。市では予防接種の安全性と効果を確保するために、対象者や方法を定めて予防接種を実施しています。詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

取手市に住民登録をしていないと、公費負担では受けられません。
種類の異なるワクチンを接種する場合は効果および安全性のため、次の期間をあけましょう。

生ワクチン接種後は27日以上間隔をあけましょう

  • ロタウイルス
  • BCG
  • 麻しん・風しん(MR)
  • 水ぼうそう
  • おたふくかぜ

不活化ワクチン接種後は6日以上間隔をあけましょう

  • B型肝炎
  • ヒブ
  • 小児の肺炎球菌
  • 4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
  • ポリオ
  • 日本脳炎
  • 2種混合(ジフテリア・破傷風)
  • ヒトパピローマウイルス(子宮頸がん)
  • インフルエンザ

こんな病気にかかったら

小児期は急性疾患にかかりやすく免疫の回復が不十分であることも考えられるため、かかった病気の種類によって、免疫機能の低下や続発疾患の可能性が考えられる場合には一応の目安として、以下の間隔をおくことになっています。

麻しん、風しん、水ぼうそう及びおたふくかぜ等にかかった時

全身状態の回復を待ってから接種します。麻しんに関しては治癒後4週間程度、風しん、水ぼうそう及びおたふくかぜ等の疾病については、治癒後2週間から4週間程度の間隔をおきます。

ウイルス性疾患(突発性発疹(とっぱつせいほっしん)、手足口(てあしくちびょう)病、伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)等)にかかった時

治癒後1週間から2週間の間隔をおいて接種します。

いずれの場合も、一般状態を主治医が判断し、接種する予防接種のその時点での重要性を考慮して決定することになっています。また、これらの病気の患者と接触し、潜伏期間内にあることが明らかな場合には、お子さんの状況を考慮して接種を決定することになっています。

予防接種に行く時のチェック項目

  1. 午前中の体温を測りましょう。
    体温は、わきの下(腋下(えきか))で測ってください。接種場所でも再度、体温を測ります。37.5度以上の熱がある場合は接種できません。
  2. 受ける前のお子さんの体調を確認し、体調が悪いときは無理をしないようにしましょう。
  3. 『予防接種と子どもの健康』のガイドブックを読んで、受ける予防接種の効果・副反応などについて理解しましょう。
  4. 前回の予防接種や感染症にかかった後の間隔はあいているかどうか、確認しましょう。
  5. お子さんの健康状態をよく知っている保護者が同伴しましょう。
    予防接種の予診票の【保護者自署】には、予防接種を受けるお子さんの保護者、後見人、親権者が氏名を記入することになっています。他のかたの署名の場合、予防接種が受けられないこともありますのでご注意ください。
  6. 母子健康手帳と予診票、ボールペンを持ちましょう。
    予診票は保健センターより送付したものをお使い下さい。予診票を紛失してしまった場合、保健センターで再発行しますので、母子健康手帳を保健センターにお持ちください。医療機関には、予診票はありませんのでご注意ください。

『予防接種と子どもの健康』は保健センターで配布しています

『予防接種と子どもの健康』のガイドブックは、生後1か月の頃に予診票と一緒に送付しています。
紛失などでお手元にない場合は、赤ちゃん訪問や乳幼児健診でもお渡しできるので必要なかたは保健センターへお問い合わせください。

また、外国語版の予診票や『予防接種と子どもの健康』が必要なかたは、外国籍のかたの予防接種情報のページをご覧ください。

予防接種を受けた後の注意

  1. 予防接種を受けた後30分間は、会場でお子さんの様子を観察するように心がけましょう急な副反応がこの間に起こることがあります。
  2. 30分を待たずに会場からすぐに帰る時は、お子さんの変化に気をつけてください。急に様子が変わった時は、すぐに医療機関を受診しましょう。
  3. 生ワクチンでは4週間、不活化ワクチンでは1週間は副反応の出現に注意してください。
  4. 接種したところは清潔にしましょう。入浴は差し支えありませんが、接種したところをこすることはやめましょう。
  5. 受けた当日から翌日までは過激な運動は避けてください。
  6. 受けた後、高熱がでたり具合が悪くなって医師の診察を受けたときは、保健センターまでご連絡ください。

海外へ行かれるかたへ

海外へ行かれる場合、国によっては日本であまり接種されないワクチンの接種が必要な場合があります。詳しくは厚生労働省FORTH海外で健康に過ごすためにのページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱