ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年1月16日

残土処分にはご注意ください

埋立ての同意は慎重に

業者が行う土砂等の埋立てには土地所有者の同意が必要です。

そのため、業者は土地所有者に同意を得るための事業説明を行いますが、なかには説明が不十分な状態で同意を求める業者や、説明と異なった埋立てを行ってしまうなど、業者によって対応は様々です。

埋立後に土砂が崩れる等の事故が発生した場合には、土地所有者として責任が及ぶ場合があります。土地所有者のかたは、埋立後の維持管理までを検討いただき、業者に対し具体的な対応を求めるなどをして、充分な説明を受けてから同意を進めてください。

主な注意点

  • 事業計画の確認
    埋立ての範囲や盛土の高さ等は図面等で確認しましょう。
  • 承諾書や同意書の内容確認
    取り決め事項が記載されているか確認しましょう。
  • 埋立て中の監視
    適正な埋立てが行われているかを監視しましょう。

違法な埋立てには注意しましょう

建設残土等による違法な埋立て

茨城県内でも悪質な業者による違法埋立てが発生しております。
悪質な業者は、土地所有者に無許可で残土を投棄して姿を消してしまいます。
もし、その土砂が流出したり他の財産等に影響を及ぼした場合には、土地所有者に責任が及ぶ場合があります。充分にご注意ください。

悪質な業者は、監視されていない地域を見つけると、周辺に繰り返し違法行為を行う可能性が考えられます。
ご自身の土地周辺でも違法な埋立てが行われていないか注意しましょう。

関連リンク

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

環境対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。