現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手のまちづくり > 公共施設マネジメント > 取手市の公共施設マネジメントに関する取組み

印刷する

更新日:2022年7月29日

ここから本文です。

取手市の公共施設マネジメントに関する取組み

PPP(公民連携)とは

公民が連携して公共サービスの提供を行うスキームをPPP(パブリック・プラ―べート・パートナーシップ:公民連携)と呼んでいます。民間の資本やノウハウを活用し、事業の効率化や公共サービスの向上を目指すことを目的としています。

サウンディング型市場調査

サウンディング型市場調査とは

事業発案段階や事業化段階において、事業内容や事業スキーム等の関して、直接の対話により民間事業者の意見や新たな提案の把握等をするために実施するものです。

実施中のもの

現在実施中のものはございません。

過去に実施したもの

  • 取手ウェルネスプラザ及び取手ウェルネスパークの指定管理に係るサウンディング型市場調査
  • 取手市子育て支援事業におけるサウンディング型市場調査

このページは、以下のSDGsのゴールと関連しています。

 SDG's目標11「住み続けられるまちづくりを」画像 SDG's目標12「つくる責任つかう責任」画像 SDG's目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」画像

SDGsとは

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

お問い合わせ

公共施設整備課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-72-2682

広告エリア

広告募集要綱