現在位置 ホーム > くらしの情報 > 防災・安全 > 119番の正しい使い方 > 119番にかける際の注意事項

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年1月17日

119番にかける際の注意事項

火災を発見したとき、救急車が必要なときには、迷わず119番通報を。
落ち着いて119番へ電話をかけましょう。

通信指令室員のイメージ画像

消防車や救急車は、住所がわかった時点で出場準備を行い、大まかな状況がわかった時点で出場します。

  • 電話を切らずに、落ち着いて詳しい状況を教えて下さい。
  • 通報者のかたに緊急車両が到着するまでの間、ご協力をお願いすることがあります。
  • 携帯電話の場合は電源を切らずに、いつでも電話に出られる状況にしておいてください。
  • 慌てて通報すると、普段は言い馴れている自宅の住所がとっさに言えなくなることがあります。
  • 自宅固定電話の近くに、住所と電話番号を記載したものを用意しましょう。

また、実際の電話での会話をイメージしていただくために下記ページで会話例を掲載しています。

救急車を呼ぶときの119番通報(電話会話例)
火災を発見したときの119番通報(電話会話例)

関連リンク

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

取手消防署 

茨城県取手市井野1264-1

電話番号:0297-74-0119

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。