現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 社会参加・行動支援 > 障害者の日常生活への援助

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年5月30日

障害者の日常生活への援助

日常生活用具の給付

在宅の障害者のかたに、日常生活の利便を図るための用具を給付しています。ただし、自費購入後は対象外となります。

日常生活用具の給付項目が追加されました

取手市では4月1日より日常生活用具の給付項目に「大活字図書」、「DAISY図書」を追加いたしました。これらはいずれも視覚障害者を対象としたものです。読書を諦めていた視覚障害者のかたにも読書を楽しんでいただけます。

なお、基準額を6万円と定め、範囲内であれば繰り返し申請していただくことが可能です。

その他詳しい制度につきましては本ページ下記をご覧ください。

対象者

身体障害者手帳、又は療育手帳、若しくは難病疾患の交付を受けたかたで、日常生活用具の給付が必要と認められる在宅の障害者が対象です。障害の種類、程度によって給付できる品目が制限されますので、別表をご参考にしてください。なお、介護保険対象者は高齢福祉課で申請となります。

給付内容

ストマ用装具、視覚障害者用拡大読書器、聴覚障害者用情報受信装置、歩行補助つえ、ネブライザー、訓練用ベッド等について、各基準額内で、用具の給付に係る費用の9割を市が負担します。
詳細やその他の品目につきましては、下記の表にて対象者、内容、基準額等を確認してください。

日常生活用具一覧(PDF:201KB)(別ウィンドウで開きます)

  • 月額上限負担があります。
  • 生活保護世帯につきましては、基準額内で、用具の給付に係る費用の全額を市が負担します。
  • 世帯の市民税課税額が23万5千円を超えるかたにつきましては、対象外となります。

申請方法

以下の提出書類を用意して障害福祉課、又は藤代総合窓口課に提出してください。

  • 日常生活用具申請書

日常生活用具給付申請書(PDF:88KB)(別ウィンドウで開きます)

  • 見積書(購入されるお店、業者発行のもの)
  • 身体障害者手帳若しくは療育手帳
  • 難病疾患のかたは、診断書の添付
  • 印鑑
  • 1月1日現在取手市に住民票のないかたは、世帯全員の市町村民税課税状況が確認できるもの

タクシー料金の助成

市内にお住まいの重度障害者、及び同行する家族が医療機関等への往復にかかる負担を軽減するために、利用されるタクシー料金、及び取手市福祉有償運送の許可を得た団体(移送団体)による移送サービスの利用に係る費用の一部を助成します。

(注意)なお、対象は在宅のかたに限ります。

対象者

次のいずれかに該当するかた。ただし自動車税、軽自動車税の減免を受けているかたを除きます。

  • 身体障害者手帳1級、又は2級の交付を受けているかた
  • 療育手帳○A(マルエー)、又はAの交付を受けているかた
  • 精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けているかたで、かつ自立支援医療制度をご利用のかた

助成内容

1回の乗車につき初乗り料金相当額を年間36回まで助成します。
人工透析療法を受けているかたは60回までとなります。

申請方法

以下の提出書類を用意して障害福祉課、藤代総合窓口課、取手支所、取手駅前窓口、戸頭窓口のいずれかに提出してください。

紙おむつの支給

重度障害がある、寝たきり等で常時紙おむつを必要とする在宅のかたに、紙おむつを支給します。高齢者のかたに対する紙おむつの支給についてはご自宅で暮らす高齢者に向けたサービスを確認してください。

対象者

次のすべてに該当するかた。

  • 身体障害者手帳2級以上、又は療育手帳○A(マルエー)、若しくはAの交付を受けているかた
  • 18歳以上のかた
  • 本人が非課税のかた

助成内容

紙おむつを年4回(4月、7月、10月、1月)支給します。

申請方法

以下の提出書類を用意して障害福祉課、又は藤代総合窓口課に提出してください。

在宅障害児、又は在宅障害者および付添人交通費支給

在宅の障害児、又は障害者および付添人のかたが、社会復帰のための機能訓練を行う目的で、福祉施設等に通うために要する交通費、及び燃料費の一部を助成します。

対象者

次のいずれかに該当するかたで、福祉施設(デイケア、就労移行支援、特別支援学校、日中一時支援等)に通っているかた。

  • 身体障害者手帳の交付を受けているかた
  • 療育手帳、又は児童相談所等の判定書の交付を受けているかた
  • 精神保健福祉手帳、又は自立支援医療上限管理票の交付を受けているかた

助成内容

支給回数

年3回(8月、12月、4月)支給します。

金額

JR及び私鉄、民間バスの旅客運賃表に基づき、通園又は通所のために現に支払った交通費及び運賃、定期乗車券の金額を対象とします。
燃料費については、市役所の規定に準じて算出します。
また、以下の上限があります。

  • 障害児、または障害者本人 月額5,000円を限度額とします。
  • 付添人 障害児に係る交通費と合算し、月額5,000円を上限とします。

申請方法

以下の提出書類を用意して障害福祉課、又は藤代総合窓口課に提出してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

障害福祉課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-6600

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。