現在位置 ホーム > くらしの情報 > 子育て・教育 > 「学校教育」のお知らせ > 各小中学校で目を大切にする取り組みをおこないました

印刷する

更新日:2022年11月2日

ここから本文です。

各小中学校で目を大切にする取り組みをおこないました

市立小中学校は、各校で作成した学校保健安全計画に基づき、感染症対策や心身の健康管理をはじめとした学校保健に関する指導をおこなっています。文部科学省による学校保健統計調査により、児童生徒の視力低下の傾向が指摘される中、各学校は毎年10月の目標を「目を大切にしよう」としています。

学校保健統計調査-令和3年度(速報値)の結果の概要(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

各校は、10月の強化月間を中心に、授業や保健だよりを通して、視力低下を防ぐためのタブレットパソコン等の使いかたを指導しています。

取手東小学校での取り組み

子どもたちは、保健委員会の作成した「目を大切にしよう集会」の動画の視聴や、正しい姿勢の実践を通して、正しいタブレット端末の使用法を学びました。

大型掲示装置で動画を見る子どもたち

正しい姿勢を動画と養護教諭の指導を通して学ぶ子どもたち

テープを使いタブレット端末と目の正しい距離を学ぶ子ども

栄養素について動画内で説明する栄養士とそれを観る子どもたち
動画では、正しいタブレット端末の使用法以外にも、目の健康に良い栄養素についても学びました。

お問い合わせ

保健給食課 

茨城県取手市藤代700

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-83-6610

広告エリア

広告募集要綱