現在位置 ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険(75歳未満) > 制度の概要 > 医療機関にかかるときの自己負担割合

印刷する

更新日:2021年7月2日

ここから本文です。

医療機関にかかるときの自己負担割合

自己負担割合は年齢や所得などにより決められています。

義務教育就学前のかた

一律、2割負担

義務教育就学以上70歳未満のかた

一律、3割負担

70歳から74歳のかた

所得や誕生日などにより、次のように決められています。

70歳の誕生月下旬(1日生まれのかたは誕生月の前月下旬)に、負担割合が記載された「保険証」をお送りしますので、ご自身の負担割合をご確認ください。

以降、75歳の誕生日まで、毎年8月1日に「保険証」が自動更新されます。

2割負担

3割負担に該当しないかた

3割負担

同一世帯の70歳から74歳までのかたに住民税課税所得が145万円以上の被保険者がいるかた

ただし、次のいずれかの条件を満たす場合は、申請により2割負担となります。対象のかたには申請書を送付しますので期間内にご返送ください。

2割負担となる場合の条件

70歳から74歳の被保険者が世帯で1人の場合

  • 被保険者本人の総収入が383万円未満であること
  • 同じ世帯に後期高齢者に移行した旧国保被保険者がいる場合は、その被保険者の総収入の合計が520万円未満であること

70歳から74歳の被保険者が世帯で2人以上の場合

  • その被保険者の総収入の合計が520万円未満であること

後期高齢者医療保険に加入しているかたの自己負担割合は、後期高齢者医療保険をご覧ください。

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱