現在位置 ホーム > 防災・安全 > 防災・災害 > 「防災・災害」のお知らせ > 【3月11日で東日本大震災から11年】災害への日ごろの備えを考えましょう

印刷する

更新日:2022年6月8日

ここから本文です。

【3月11日で東日本大震災から11年】災害への日ごろの備えを考えましょう

令和4年3月11日、東日本大震災から11年を迎えます。東日本大震災は全国で死者1万5900人、行方不明者2523人もの被害を出した大きな災害でした。

亡くなられたかたのご冥福と被災地の一日も早い復旧・復興を心からお祈り申し上げます。

災害に備える

災害はいつ発生するかわかりません。災害に備えてどのような準備が必要かを考えておきましょう。

災害時における避難行動の確認を

内閣府首相官邸「防災の手引き(いろいろな災害を知って備えよう)」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

災害発生時は、正確な情報を取得することが大切です。災害・防災に関する情報取得方法も日ごろから確認しておきましょう。

災害情報関連リンク

震災当時の取手市内の様子

取手市においても震度6弱を観測し、停電・断水のほか、液状化などによる被害が発生しました。

市民会館の屋根の一部が崩落した様子

市民会館の屋根が一部崩落した様子

液状化により電柱が傾いたり、道路が冠水した様子

液状化により電柱が傾いたり、道路が冠水した様子

地震の揺れで神社の鳥居にひびが入り、その後倒壊した

地震の揺れで神社の鳥居にひびが入り、その後倒壊した

断水が発生したため、耐震貯水槽から給水を行いました

断水が発生したため、耐震貯水槽から給水を行いました

お問い合わせ

安全安心対策課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-3450

広告エリア

広告募集要綱