現在位置 ホーム > くらしの情報 > 税金 > 税の控除・減額・減免 > 住宅・固定資産税 > 熱損失防止(省エネ)改修工事を行うと固定資産税が減額されます

印刷する

更新日:2022年5月19日

ここから本文です。

熱損失防止(省エネ)改修工事を行うと固定資産税が減額されます

住宅の省エネ改修が完了した場合には、翌年度の固定資産税の3分の1が減額されます。
(1戸あたり120平方メートル分を上限とします)
また、熱損失防止(省エネ)改修工事を行ったことにより、認定長期優良住宅に該当することとなった場合は、固定資産税の3分の2を減額します。
省エネ改修工事が完了した日から3カ月以内取手市役所課税課(家屋係)へ必要書類を添えて申請してください。

減額の要件

以下の要件を全て満たすこと

  • 平成26年4月1日現在存在している住宅に対して、令和6年3月31日までの間に省エネ改修工事を行うこと
  • 居住用部分が全体の2分の1以上であること(貸家を除く)
  • 改修後の住宅の床面積が50平方メートル以上であること
  • 対象となる工事にかかった費用から、国又は地方公共団体からの補助金などを差し引いた額が60万円超えであること
  • 以下のうち、窓の改修工事を含むこと
    窓の改修工事(二重サッシ化、複層ガラス化等)
    床の断熱改修工事
    天井の断熱改修工事
    壁の断熱改修工事

(注意)窓の改修工事に係る費用が50万円を超える場合は、以下の機器設置工事費用と合わせて60万円超となる場合も対象となります。

  • 省エネや創エネに資する太陽光発電装置
  • 高効率空調機
  • 高効率給湯器又は太陽熱利用システム

申請方法

省エネ改修工事が完了した日から3カ月以内に次のものを、取手市役所課税課(家屋係)に提出してください。

耐震改修の減額が適用されている年度には適用できません。(バリアフリー改修と同年度の適用可)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

課税課(資産税)

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱