現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 埋蔵文化財の手続き

印刷する

更新日:2022年2月24日

ここから本文です。

埋蔵文化財の手続き

開発事業者のみなさまへ

取手市では「文化財保護法」や「取手市埋蔵文化財の取扱い要領」などに基づき、市域に所在する『埋蔵文化財』の調査・発掘・保護・保存を行っております。建築や開発行為などを行うかた、また今後予定されているかたは、本趣旨をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の確認

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の確認は、埋蔵文化財センターに直接お越しいただく窓口照会ファクスによる照会のみとさせて頂きます。
ファクスでお問い合わせの際には、位置図(案内図)、該当地の地番(または住居表示)、土地の利用目的返送先を明記してください。折り返しファクスで回答いたします。また、市内遺跡の分布については、いばらきデジタルまっぷで大まかな位置を把握することができます。

いばらきデジタルまっぷ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)
茨城県全域の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の確認をすることができます。リンク先では取手市を選択してください。埋蔵文化財包蔵地(遺跡)が着色されて表示されます。実際の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲と誤差が生じている場合もありますので、詳しくは埋蔵文化財センターまでお問い合わせください。

埋蔵文化財の所在の有無の文書による照会手続

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内や、土木工事の種類によっては事前協議が必要になります。事前協議にあたっては、「埋蔵文化財の所在の有無の照会について」(様式3・4)に必要書類を添付して埋蔵文化財センターに1部ご提出ください。郵送でも受け付けます。
また、事業が計画段階でも受け付けることが可能です。お早目の提出をお勧めします。

事前協議が必要な場合

  1. 埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内
  2. 開発行為にかかるもの(500平方メートル以上)都市計画法第29条関係
  3. 土地区画整理事業にかかるもの
  4. 中高層建築物を建築するもの
  5. 同一事業者が開発区域に隣接する区域を相当期間をおかずに施工するときは同一業者とみなし前各号に該当する場合
  6. 農地転用(農地法)にかかるもの
  7. 都市計画法第43条関係
  8. 公共・公益施設(例)福祉施設・携帯電話基地局など
  9. その他(例)道路位置指定・埋立(盛土)・遺跡の近接地など

関連ファイルダウンロード

埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内の場合

埋蔵文化財の所在の有無の照会の手続きと平行して、周知の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の範囲内で建築・土木工事等を行う場合には、文化財保護法第93条の規定により、工事着工の60日前までに茨城県教育委員会教育長へ届出が必要になります。所在する市町村を経由して届出を提出しますので、スムーズに手続きを進めるために、事前に埋蔵文化財センターまでご連絡ください。
埋蔵文化財包蔵地(遺跡)の所在地によって書式が違いますので、ダウンロードの際にはご注意ください。

関連ファイルダウンロード

 

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

広告エリア

広告募集要綱