現在位置 ホーム > 施設案内 > 生涯学習・文化施設 > 埋蔵文化財センター

印刷する

更新日:2021年10月15日

ここから本文です。

埋蔵文化財センター

展示室では、市制施行50周年・『目で見る取手の歩み』発刊記念の企画展(第49回)「昭和・平成時代の取手」を12月12日(日曜日)まで開催しています。

取手市埋蔵文化財センターは、以下のとおり、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を実施した上で開館しています。みなさまのご協力をお願いします。(10月1日更新)

【新型コロナウイルス感染症拡大防止対策】
職員は検温やマスクの着用を実施しています。
十分な換気に努めています。
消毒や清掃を定期的に行っています。

【入館するかたへのお願い】
事前に検温するなどの体調管理をお願いします。
マスクの着用をお願いします。
館内への入館は、当面の間17人までの入場制限をいたします。
ひとりずつ間隔をあけて観覧してください。(できるだけ2メートル離れましょう)
手指の消毒にご協力ください。
連絡先の把握にご協力をお願いします。

施設情報

住所

取手市吉田383

電話番号

0297-73-2010

ファクス

0297-73-5003

業務時間

午前9時から午後5時(入場は午後4時30分まで)

休業日

土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)
12月12日までの企画展開催期間中は、月曜日が休館になります。
ただし11月1日は開館します。

沿革・概要

取手市内には、旧石器時代から中世、そして水戸街道の宿場として栄えた近世の宿場跡に至るまで、約90か所の遺跡があります。
埋蔵文化財センターは、市内の遺跡の調査や保護・保存の中枢を担う施設として、平成11年9月2日に開館しました。現在では、市内から出土した埋蔵文化財の調査・研究に限らず、市史の編さん事業などで収集した歴史資料の保存・活用も行い、生涯学習の拠点となるような活動をしています。

アクセス

〇JR常磐線取手駅東口から
大利根交通バスで吉田バス停下車(徒歩10分)/関東鉄道バス竜ヶ崎駅行・光風台団地行で青柳南バス停下車(徒歩8分)
〇藤代・光風台方面から
関東鉄道バスの取手駅東口行で青柳南バス停下車(徒歩8分)
〇コミュニティバス
中央循環東ルート・東南部ルート・小堀ルートで取手東小入口バス停下車(徒歩8分)

・吉田バス停から
押しボタン式信号の先にある斜め左の道を下ります。約450メートルほど進み、3階建てのアパートの先が左に入る丁字路になっています。丁字路の右側にカーブミラーがあり、その柱に案内の表示がついています。その丁字路を左に曲がって約160メートル進むと右側に埋蔵文化財センターがあります。
・青柳南バス停から
バス停から南に約50メートル進んだ先にカスミがあるので、その手前を左に曲がります。そのまま直進すると丁字路にあたるので、右に曲がります。道なりに約100メートル進むと左側に埋蔵文化財センターがあります。
・取手東小入口バス停から
デイサービス青柳のある信号を左折し、約240メートル道なりに進んだ左側に埋蔵文化財センターがあります。

駐車場

約40台。埋蔵文化財センターの南側に舗装されていない駐車場、また敷地内にも駐車場があります。敷地内駐車場への進入路はセンターわきの小道から入り、建物の奥になります。

配置されている課

生涯学習課文化財係

埋蔵文化財センター

取手駅東口からまっすぐ東に進み、本願寺を過ぎて2つ目の信号を右折し、取手東小学校を過ぎたら、埋蔵文化財センターが左側にあります。

埋蔵文化財センター案内図

49回企画展展示室の光景

企画展「昭和・平成時代の取手」会場の様子

埋蔵文化財センターを正面にみて右側に一箇所あり、また埋蔵文化財センターの敷地内にも一箇所駐車場があります。敷地内駐車場への進入路は建物の奥側にあります。

駐車場配置図

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

広告エリア

広告募集要綱