現在位置 ホーム > くらしの情報 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 売買・贈与等により所有者が変わったとき

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月13日

売買・贈与等により所有者が変わったとき

固定資産税は、1月1日現在の登記上の所有者に課税されます。売買・贈与等によって実際の所有者が変わっても、前年中に法務局で所有権移転の登記手続を終えなければ、次年度も前所有者に課税されます。
固定資産の所有者が変わったときは、法務局で所有権移転の登記を申請してください。
未登記の家屋については市役所の課税課に「未登記家屋所有権移転届」をご提出ください。
「未登記家屋所有権移転届」(PDF:35KB)(別ウィンドウで開きます)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

課税課(資産税)

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。