ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年11月22日

岡堰

岡堰の沿革

江戸幕府が成立し、安定期に入り始めた寛永年間(1624から1644)、関東郡代となった伊奈半十郎忠治は、洪水を防ぐために鬼怒川と小貝川を分離しました。そして取手市戸田井付近の台地を切り開き、利根川と合流する今のような小貝川の流路が完成しました。
小貝川は鬼怒川と切り離されることで川の流れがが安定し、寛永7年(1630)には岡堰が設けられました。岡堰にためられた水が用水となり、相馬二万石と呼ばれる広大な新田が誕生しました。

しかし、工事は現在のように簡単ではなく、多くの労力と様々な失敗を繰り返しながら行われました。勢いの強い水の流れを変えるために、萱と竹を使った独特の工法である「伊奈流」が苦労の末に編み出されました。昭和に入ってからも、人々は堤防や堰の決壊時には、この伝統的な工法である「伊奈流」で危機を乗り切ってきました。

赤松資次郎画伯が描いた明治32年以降の岡堰全景

明治32年岡堰

明治の末近く編さんされた取手市山王(旧山王村)地区の郷土誌の中に描かれた岡堰の全景です。岡堰普通水利組合の事務所をはじめ、堰枠手前の煉瓦造りの資材置場やレールが目につきます。

岡堰は古来、景勝地としてされてきましたが、とくに、明治32年、煉瓦造りに改築してからは、赤茶色の明治的西洋風の構造物が青色の水に影を落とし、周囲の樹木の緑に映えて、一層その名が高くなりました。

それ以前の明治19年4月3日、北白川能久親王(きたしらかわのみやよしひさしんのう)が岡堰を巡覧されてその風光を称賛され、桜樹植付料を賜ったので、当時の北相馬郡長の広瀬誠一郎が堤防上に植樹して以来、一躍、桜の名所として名を馳せました。花見客が押し寄せた頃、堰周辺は人々の山で、かき氷やアイスコーヒー、冷やしラムネが飛ぶように売れたそうです。それに使う氷は冬、川から切り出し、右岸下の煉瓦造り倉庫に、おが屑をかけて保存されていました。

昭和27年当時の岡堰全景

昭和27年当時の岡堰全景

昭和35年、建設省山王主張所作成の「岡堰の概要」の地図

昭和8年当時岡堰平面図

新たに建設された現在の岡堰

岡堰新堰

花咲く水神岬

毎春、花の咲くころは、数千人の花見客で賑わい、サーカス小屋も張られたほど。しかし、昭和28年以降、堰が全面改修され、名物の桜も姿を消し、その一部が残るのみですが、今でも春にはたくさんの人が訪れて桜の花見を楽しんでいます。

花咲く水神岬

 

 

 

 

 

 

 

 

秋になり、小貝川沿いに広がる黄金の帯は、相馬二万石と呼ばれてきた豊かな取手の象徴です。川と闘いながら川の惠を享受してきた市の歴史をさかのぼると、江戸時代に川の道を作った関東郡代、伊奈半十郎忠治に行き着きます。

秋の岡堰風景

現在、小貝川の川筋はサイクリングロードとして整備されたり、コスモスやポピーが植えられ、市民の憩いの場となっています。歴史は過去から現在へと流れています。苦闘と英知の上に成り立っている郷土の川の歴史を、私たちは忘れることはできません。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。