ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月23日

相馬神社奥院

相馬神社奥院

建立は元亨(げんこう)元年(1321)で、後に火災にあい慶応3年(1867)に再建されました。社殿はけやきの流造り、屋根は銅板葺き、向拝柱(ごはいばしら)、大床下、三方壁面、脇障子と社殿全体が華麗な彫刻で飾られています。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。