現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 取手市の文化財・歴史遺産 > 薬師如来像坐像(高蔵寺)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月21日

薬師如来像坐像(高蔵寺)

藤代地区にある高蔵寺には、16世紀後半の作とみられる薬師如来坐像があります。

薬師如来像坐像

この寄木造りの坐像は、室町時代以降の彫刻で、台座76センチメートル、光背の直径110センチメートルと大型の仏像です。天正末期、上野国由良信濃守源国繁(こうずけのくにゆらしなののかみくにしげ)が岡見家滅亡の将兵供養のため、諸将に命じて七観音八薬師を建設しました。藤代薬師堂は、横瀬主膳正繁(よこせしゅぜんまさしげ)が建設にあたり、天正20年(1592)4月8日入仏開眼(にゅうぶつかいげん)しました。

薬師如来は薬壺(やっこ)を持ち、あらゆる病気を治療し、寿命を延ばすことを本願とする仏で、とくに眼病などに効験があると信仰を集めています。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。