ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月20日

水戸街道の本陣跡

現在の取手市には取手宿・藤代宿・宮和田宿という水戸街道の宿駅が3つあり、交通の要として大変栄えました。

藤代宿と宮和田宿(宮和田地区)は、2宿で1つの宿駅の機能だったということです。大名や幕府役人が宿泊する本陣は双方におかれ、それぞれが交代で役目を務めました。宿駅は特別な義務と権利を持ち、自給自足が原則だった農村とは違った都市的性格をそなえていました。

藤代宿の本陣は現在、藤代公民館が建つあたりにあり、その敷地の一角に本陣跡の案内板があります。

藤代宿の本陣跡

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。