現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 介護保険料 > 介護保険料の軽減強化

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年5月11日

介護保険料の軽減強化

国の「社会保障と税の一体改革」における社会保障制度改革の一つとして、平成27年4月から、保険料水準の上昇や消費税率引き上げに伴う低所得者対策強化の観点から、消費税による公費を投入して低所得者の介護保険料の軽減強化を行う仕組みが設けられました。

平成27年度から平成30年度

平成26年4月の消費税率8%への引上げによる増収分を活用した軽減強化を実施。

軽減対象

所得段階が第1段階のかた

軽減割合(基準額に対する割合)

0.5から0.45に軽減

保険料額(年額)

平成27年度から平成29年度 27,600円から24,840円に軽減

平成30年度 28,800円から25,920円に軽減

保険料額(月額)

平成27年度から平成29年度 2,300円から2,070円に軽減

平成30年度 2,400円から2,160円に軽減

令和元年度

10月の消費税率10%への引き上げにより更なる軽減強化を実施。

なお、令和元年度の軽減割合は、10月以降の消費税率引き上げであることから、通年度の半分の設定になります。

軽減対象

所得段階が第1段階から第3段階までの住民税非課税世帯のかた

軽減割合(基準額に対する割合)

第1段階 0.45から0.375に軽減

第2段階 0.70から0.575に軽減

第3段階 0.75から0.725に軽減

保険料額(年額)

第1段階 25,920円から21,600円に軽減

第2段階 40,320円から33,120円に軽減

第3段階 43,200円から41,760円に軽減

保険料額(月額)

第1段階 2,160円から1,800円に軽減

第2段階 3,360円から2,760円に軽減

第3段階 3,600円から3,480円に軽減

令和2年度

令和元年10月の消費税引き上げによる更なる軽減強化を実施。

令和2年度より、軽減割合は通年度の設定になります。

軽減対象

所得段階が第1段階から第3段階までの住民税非課税世帯のかた

軽減割合(基準額に対する割合)

第1段階 0.375から0.3に軽減

第2段階 0.575から0.45に軽減

第3段階 0.725から0.7に軽減

保険料額(年額)

第1段階 21,600円から17,280円に軽減

第2段階 33,120円から25,920円に軽減

第3段階 41,760円から40,320円に軽減

保険料額(月額)

第1段階 1,800円から1,440円に軽減

第2段階 2,760円から2,160円に軽減

第3段階 3,480円から3,360円に軽減

お問い合わせ

高齢福祉課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-6600

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱