現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 高齢者福祉 > 認知症総合支援事業

印刷する

更新日:2022年6月9日

ここから本文です。

認知症総合支援事業

「認知症」は誰にでも起こりうる脳の疾患です。早期に診断し上手に対応していけば、その後の経過や介護の負担が変わっていきます。

認知症気づきのチェックリストを配布しています

取手市役所(本庁舎の高齢福祉課窓口・藤代庁舎の総合窓口)・支所・地域包括支援センター・市内の公民館などで認知症の気づきのチェックリストを配布しています。こちらは茨城県が作成し、県内の市町村で配布されているものです。

「もしかしたら認知症かな?」と不安になり始めたら、自分でチェックしてみましょう。

また、認知症によるもの忘れの症状についての紹介もありますので、思い当たることがあるときはかかりつけ医または高齢福祉課、管轄の地域包括支援センター(はあとぴあ・緑寿荘・さらの杜・藤代なごみの郷・社会福祉協議会ふじしろ)までご相談ください。

認知症カフェ(オレンジカフェ)

認知症カフェ(オレンジカフェ)とは

最近もの忘れが気になるかた、認知症のかた、そのご家族、地域のかたなどが認知症について理解を深めたり、悩みを打ち明けたりできる交流の場です。地域に住んでいて、認知症に関心のあるかたであればどなたでも自由に参加できます。経験者や専門職のかたのお話を聞き認知症についての正しい知識を学ぶとともに、いろいろな人々と出会いさまざまな情報交換をしましょう。

(注意)現在、コロナウイルス感染症の影響で、各認知症カフェ(オレンジカフェ)の開催を延期している場合があります。

取手市認知症カフェ事業運営補助金の交付について

取手市では、認知症の症状や不安がある人、その家族が住み慣れた地域で安心した生活が送れるよう、居場所づくり・交流・相談等を行う目的で開設される「認知症カフェ」運営団体に対し補助金を交付いたします。詳細は以下の取手市認知症カフェ事業運営補助金交付要綱をご参照ください。申請書はダウンロードし、必要事項を記入後、取手市高齢福祉課まで持参してください。

認知症カフェ運営募集概要

補助金申請に必要な書類

事業の実施・実績報告に必要な書類

補助金の請求に必要な書類

認知症地域支援推進員の配置

認知症地域支援推進員とは

認知症地域支援推進員は、認知症になっても住み慣れた環境で暮らし続けることができるように、認知症のかたやその家族等をサポートする人です。
取手市では、平成28年12月から、認知症ケア体制の強化を図るため、市内5ヵ所の地域包括支援センターにそれぞれ2名ずつ「認知症地域支援推進員」を配置しています。

認知症地域支援推進員の役割

認知症地域支援推進員は、次のような業務を行います。

  • 認知症の人やその家族に対する相談支援
  • 市民のかたに身近な病気として認知症を理解していただく活動
    (認知症サポーター養成講座など)
  • 認知症の人やその家族が状況に応じて、必要な医療や介護等のサービスが受けられるよう、医療機関等の関係機関への連絡調整の支援

相談窓口

認知症に関することでお悩みや相談したいかたは、最寄りの地域包括支援センターへご連絡、ご相談ください。
迷惑メール防止のため、@を◆と表示しています。実際にメールを送信する時は、◆を@に置き換えてアドレスを入力し、送信をお願いします。

  • 名称 地域包括支援センターはあとぴあ
    住所 取手市井野253
    電話番号 0297-71-3210
    メールアドレス houkatsu◆haatopia.or.jp
  • 名称 地域包括支援センター緑寿荘
    住所 取手市野々井1926-2
    電話番号 0297-63-4111
    メールアドレス houkatu◆ryokujyusou.com
  • 名称 地域包括支援センターさらの杜
    住所 取手市下高井2148
    電話番号 0297-70-2801
    メールアドレス houkatu-saranomori◆iaa.itkeeper.ne.jp
  • 名称 地域包括支援センター藤代なごみの郷
    住所 取手市椚木1342-2
    電話番号 0297-70-3756
    メールアドレス f-houkatsu0401◆enzeru.co.jp
  • 名称 地域包括支援センター社会福祉協議会ふじしろ
    住所 取手市藤代700 
    電話番号  0297-86-6221
    メールアドレス houkatu◆toride-shakyo.or.jp

なお、各地域包括支援センターの担当地区については、以下のPDFファイルをご参照ください。

地域包括支援センター設置一覧表(PDF:36KB)(別ウィンドウで開きます)

認知症初期集中支援チームの配置

認知症初期集中支援チームとは

認知症サポート医、医療・介護の専門職(看護師、精神保健福祉士、社会福祉士、介護福祉士等)で構成する認知症の支援チームです。認知症のかた、またはその疑いのあるかた及び家族のもとへ訪問し、認知症についての心配ごとや困っていることをお聞きし、様々な支援を行います。

取手市では、早期診断・早期発見に向けた支援体制を構築するため、市内4か所の地域包括支援センターに設置しています。

訪問支援対象者

在宅で生活されている40歳以上のかたで、認知症の疑いのあるかた、認知症の診断を受けているかたで、かつ、以下のいずれかに該当するかたです。

  • 医療サービスや介護サービスを受けていないかた、またはサービスの利用を中断しているかた
  • 医療サービスや介護サービスを受けているが、認知症の行動・心理症状が顕著なため、対応に苦慮しているかた

事業内容

  1. 支援チームに関する普及啓発
  2. 認知症初期集中支援の実施
    • 対象者の発見
    • 地域包括支援センター(認知症地域支援推進員)による訪問支援対象者の把握
    • アセスメントの実施
    • チーム員等による初回家庭訪問、情報収集
    • チーム員会議の実施(支援方針等の検討)
    • 認知症初期集中支援の実施(支援方針決定、チーム員等による定期訪問)
    • 認知症初期集中支援の終了とその後のモニタリング

認知症初期集中支援の実施フロー図(PDF:256KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

高齢福祉課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-6600

広告エリア

広告募集要綱