現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 東京藝大教授を招いて議員研修

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年10月12日

東京藝大教授を招いて議員研修

第1部は藤原教授の講演

取手市議会では、議員向けの研修会として10月11日(水曜日)に、東京藝術大学美術学部副学部長教授の藤原信幸氏を市議会棟にお招きして、講演をいただきました。また、同学部非常勤講師の三枝一将(さえぐさかずまさ)氏にもお越しいただきました。

先生と正副議長
講演実施にあたり、議長は「さらなる協働のまちづくりを藝大の皆さんと進めたい」などと歓迎のあいさつをしました。

議長あいさつ

研修会には、市内高校にも声をかけ、公立・私立合せて6校の校長や事務長など関係者が参加。市役所からは市長、副市長、教育長が参加したほか、川口政弥(まさや)・中村修(おさむ)の両県議会議員も講演を聴講しました。

講演は、「東京藝術大学と取手市の協働によるまちづくり」と題して行っていただきました。藤原教授は、ガラス工芸が専門で、取手の最初の印象が緑の自然の多さであったことから、「葉をモチーフに作品を創作したこともあった」などと、これまでの取り組みを紹介。市内高校との連携でアート体験やワークショップの実施のほか、若手芸術家の発表の場として、地域で仕掛けていければ、などと話されました。
また、これまでの取手アートプロジェクト(TAP)との活動を振り返りや、TAPと始めた学内食堂の運営、今後の地域との活動の予定などを、三枝氏の報告も交えながら約1時間講演いただきました。

講演する藤原氏

講演の最後に議員からは、「藝大の取手校地が開かれているといっても入りづらいが」、といった意見や、「高校との協働はどのようにすすめれば」、などといった質問が出されていました。

第2部は参加者によるグループワーク

この日の研修の第2部として、議員など参加者がグループに分かれ、議会事務局職員の進行のもと、「藝大、企業、市民団体、学校が考える芸術を取り入れたまちづくり」として意見を出し合いました。

グループワークで作業する様子

発表1班

発表2班

発表する3班

発表する4班

各グループごとに発表を終えると、藤原教授からは「自分が知らないこともあった。地域の特徴を生かしたまちづくりが必要」、藝大取手校地事務室長からは、「開かれた藝大とセキュリティー問題をバランスよく考えていきたい」などの講評がありました。

藤原氏の講演を聞く様子

今日の研修を終えて参加者からは、「東京藝大があることを利点とするまちづくりに、大いにヒントになるお話がありました」などの意見が聞かれました。

研修に参加していただいた皆さん

  • 東京藝術大学美術学部副学部長教授の藤原信幸氏
  • 東京藝術大学美術学部非常勤講師の三枝一将(さえぐさかずまさ)氏
  • 東京芸術大学取手校地事務室長
  • 茨城県議会 川口政弥(まさや)議員
  • 茨城県議会 中村修(おさむ)議員
  • 聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校副校長
  • 県立取手第一高等学校校長
  • 県立取手第二高等学校教諭
  • 県立取手松陽高等学校美術家主任教諭
  • 県立藤代高等学校校長
  • NPO取手アートプロジェクトオフィス事務局長
  • ボックスヒル取手店副店長
  • 参加した取手市議…小堤修(こづつみおさむ)、小池悦子、落合信太郎、池田慈(めぐみ)、関戸勇(せきどいさむ)、渡部日出雄、石井めぐみ、飯島悠介、染谷(そめや)和博、入江洋一、佐藤隆治、阿部洋子、結城繁(ゆうきしげる)、齋藤久代、佐藤清(さとうきよし)、赤羽直一(あかばなおいち)、遠山智恵子、加増(かぞう)充子の各議員
  • 藤井市長、野口副市長、矢作教育長ほか市職員

参加ご協力いただいた皆さんありがとうございました。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。