現在位置 ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険(75歳未満) > 手続き > 仕事や通勤中にケガをしたとき(労災への届出)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月10日

仕事や通勤中にケガをしたとき(労災への届出)

雇われている人(アルバイトやパート従業員も含む)が仕事や通勤中にケガをした場合は、健康保険ではなく労災が適用されます。
仕事や通勤中にケガを負ったときは、健康保険ではなく労災から給付を受けることとなります。

労災は、療養費のほか、休業補償等なども給付されますので医療機関を受診する前によく確認してください。

労災で給付されるべき医療費について、被保険者証を使用された場合は、その保険給付額をご本人様に請求させていただくこととなりますのでご注意ください。

労災の対象範囲

雇われているすべてのかた(アルバイトやパート労働者も含む)および労災保険の任意加入をしている雇用主が、仕事や通勤中に病気やケガにあったとき
(ただし、病気については仕事との因果関係がある場合に限る)

給付(補償)内容

労災の認定を受けた医療費については、自己負担は発生しません。

問い合わせ先および請求先

職場の所在地を管轄しているところの労働基準監督署

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。