現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 介護サービス > 医療面での専門的なサービスを受けたいとき(訪問看護・居宅療養管理指導)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年7月26日

医療面での専門的なサービスを受けたいとき(訪問看護・居宅療養管理指導)

居宅サービスの一つです。要介護および要支援のかたが利用できます。

訪問看護(介護予防訪問看護)

訪問看護は医師が必要と判断し、医師の指示に基づいて看護師等がご自宅を訪問し「訪問看護計画」に従って療養上の世話や診療の補助を行います。自宅での療養生活を支援し、心身機能の維持回復を図るように提供されます。

利用者負担(1割)のめやす(1回あたり)

要介護1から5、要支援1または2のかた

病院または診療所から訪問する場合
  • 所要時間20分から30分未満の場合 420円
  • 所要時間30分から1時間未満の場合 607円
 訪問看護ステーションから訪問する場合
  • 所要時間20分から30分未満の場合 496円
  • 所要時間30分から1時間未満 871円

(注意)

緊急時対応・早朝・夜間・深夜などの加算があります。早朝(午前6時から8時)、夜間(午後6時から10時)の場合は25%、深夜(午後10時から午前6時)は50%の割増があります。緊急時訪問、特別な管理の場合、割増があります。

訪問看護サービス事業所一覧(平成29年7月1日現在)

取手市内の事業所はこちらです。利用するときは、ケアマネージャーと相談して決めてください。

  • 訪問看護ステーション ひまわり(戸頭(とがしら)()3丁目)
  • 訪問看護ステーション とりで(本郷()2丁目)
  • 訪問看護ステーション にしまぎ(戸頭(とがしら)()3丁目)
  • 訪問看護ステーション 東取手(井野)
  • あおぞら診療所(新町3丁目)
  • 西間木病院(戸頭(とがしら)1丁目)

居宅療養管理指導(介護予防居宅療養管理指導)

居宅療養管理指導(介護予防居宅療養管理指導)とは、医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士等が、通院が困難な要介護者の自宅や居住系の施設を訪問し、本人や家族に療養上の管理や指導を行います。原則としてサービスの利用は通院が困難な場合に限られます。療養生活の質の向上や利用者と家族の安心のためのものです。
口腔ケア、服薬管理、栄養管理などが主な内容となります。
利用については、ケアマネジャーや主治医に相談してください。

利用者負担(1割)のめやす(1回の利用)

要介護1から5、または要支援1または2のかた

  • 医師または歯科医師が行う場合(月2回まで) 503円
  • 医療機関の薬剤師が行う場合(月2回まで) 553円
  • 薬局の薬剤師が行う場合(月4回まで) 503円
  • 歯科衛生士等が行う場合(月4回まで) 352円

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

高齢福祉課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-6600

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。