現在位置 ホーム > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 > 納付・受給 > 年金受給者が亡くなったら未支給年金の請求を

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年8月21日

年金受給者が亡くなったら未支給年金の請求を

年金は、年金受給者が亡くなった月の分まで支払われます。生計を同じくしていた親族が請求すれば、亡くなった年金受給者に代わって亡くなった月の分までの年金を受け取ることができます。亡くなってから5年が過ぎると請求できなくなります。

対象者

年金受給者が亡くなった当時、生計を同じくしていた親族

次の順位で請求できます

  1. 配偶者
  2. 父母
  3. 祖父母
  4. 兄弟姉妹
  5. その他3親等内の親族

請求に必要なもの

  • 亡くなったかたの年金証書、住民票除票
  • 請求者の印章(認印)
  • 請求者名義の預金通帳
  • 請求者と亡くなったかたの関係が分かる戸籍謄本
  • 住民票謄本(世帯全員の個人票)
  • 生計同一の申立書(亡くなったかたと請求者の住所が異なる場合)

(注意)請求者の続柄によって必要なものが異なります。事前にお問い合わせください。請求者のマイナンバー記入により住民票謄本および住民票除票を省略できます。

請求方法

以下の場所で直接お手続きください

  • 取手市役所国保年金課
  • 藤代総合窓口課
  • 土浦年金事務所(電話番号 029-825-1170)

(注意)土浦年金事務所でお手続きする場合は事前に電話で予約をしてください。

お問い合わせ

国保年金課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱