ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月21日

大日山古墳

大日山古墳

小貝川から広がる肥沃な低地。そこにわずかに突き出た岡台地の先端に、県の史跡に指定されている大日山古墳があります。古墳時代後期の築造とみられる円墳で、墳丘上に岡神社が建っています。一帯には古い石碑や石仏が数多く見られますが、これは中世から近世に盛んになった大日信仰の名残で、大日山の名もそこからきていると考えられています。

朝日を拝むには格好の位置にあり、宗教的雰囲気の漂うところですが、地元ではこの古墳こそ将門の墳墓であると伝えられてきました。更に、古墳の脇が広場になっていますが、ここに将門の愛妾(あいしょう)桔梗(ききょう)が住んだ朝日御殿があったといわれています。桔梗はここで毎朝、日の出を拝み、将門の武運を祈っていましたが、将門の敗死の報を聞くと台地の下にあった沼に身を投げて、悲しい最期を遂げたという話が語り継がれてきました。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。