現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 取手市の指定文化財一覧 > 本多作左衛門重次の墓

印刷する

更新日:2021年3月31日

ここから本文です。

本多作左衛門重次の墓

本多重次の墓。奥に石柵に囲まれた墳墓があり、手前に「史跡 本多作左衛門重次墳墓」の石塔がある。

徳川家の重臣で「鬼作左(おにさくざ)」とあだ名された本多作左衛門重次は、天下人となった豊臣秀吉の勘気にふれ、家康もやむなく蟄居(ちっきょ)を命じ、そのまま許されること無く取手の地で亡くなりました。日本一簡潔な手紙「一筆啓上、火の用心、お仙泣かすな、馬肥やせ」は、本多重次が、戦場から妻に宛てたといわれる手紙です。要領を得た簡潔な手紙文として余りにも有名です。

お問い合わせ

生涯学習課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

広告エリア

広告募集要綱