現在位置 ホーム > くらしの情報 > 届出・証明 > 住民票・戸籍の届出・請求 > 住民基本台帳カード・公的個人認証 > 「公的個人認証サービス」を使った電子証明書

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年2月1日

「公的個人認証サービス」を使った電子証明書

公的個人認証サービスとは、インターネットによる行政手続オンライン申請において、なりすましや改ざん等を防ぐための本人確認手段といえる電子署名を住民基本台帳に記録されている全国の住民に対して提供し、電子署名を行うにあたって必要となる秘密鍵及び公開鍵並びに都道府県知事が発行する電子証明書(初回のみ5回目の誕生日まで有効、それ以降は有効期間5年)をICカードに記録するサービスです。詳しくは公的個人認証ポータルサイト(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。
この制度を利用することにより、国税電子申告・納税システム(e-Tax(イータックス))などの行政手続きが、自宅のパソコンから可能になります。

(注意)自宅等でオンライン申請を行う際は、ICカードリーダライタ(ICカードの記録を読み取る機器)が必要です。
(注意)マイナンバー(個人番号)カード申請時に、署名用電子証明書を不要にしていないかたは、電子証明書が搭載されています。

電子証明書の申請方法

申請場所

市役所市民課(本庁)

なお、1月から3月は申請が集中します。窓口混雑時や機械の故障等により、長くお待たせすることがあります。また、即日に処理できない場合は、後日再度お越しいただく場合もありますので、ご了承ください。

発行申請に必要なもの

  1. 電子証明書発行申請書(市役所市民課窓口にあります)
  2. マイナンバー(個人番号)カード
    お持ちでない場合は、先にマイナンバー(個人番号)カードの申請を行ってください。
    申請方法は、個人番号(マイナンバー)カードの申請方法をご覧ください。
  3. 手数料 200円

その他の手続き

有効期限満了による手続き

有効期限満了日の3か月前から新たな電子証明書の発行が可能です。(今までの電子証明書は失効し、新しい電子証明書の有効期限は申請日から5年となります。)

また、有効期限が切れてしまった場合も、新たな電子証明書の発行が可能です。

必要なもの

  1. マイナンバー(個人番号)カード
  2. パスワード(電子証明書に設定した6ケタから16ケタ以内の英数字(大文字のみ)を組み合わせたもの。忘れてしまった場合はパスワードの初期化の申請も必要になります。)
  3. 手数料 200円

電子証明書のパスワードを忘れてしまった場合

市役所市民課(本庁)の窓口で、ご本人様がパスワードの初期化の申請をしてください。

必要なもの

マイナンバー(個人番号)カード

電子証明書のパスワードを5回連続して誤ってしまった場合

不正使用防止のため使用できなくなります。市役所市民課(本庁)の窓口で、ご本人様がパスワードのロック解除の申請をしてください。

必要なもの

マイナンバー(個人番号)カード

電子証明書のパスワードを変更する場合

「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」を利用して、ご自宅でパスワードを変更することができます。安全のため定期的にパスワードを変更することをお勧めします。

また、変更手続きは市役所市民課(本庁)でも行えます。

必要なもの(市役所で変更手続きする場合)

  1. マイナンバー(個人番号)カード
  2. パスワード(電子証明書に設定した6ケタから16ケタ以内の英数字(大文字のみ)を組み合わせたもの。忘れてしまった場合はパスワードの初期化の申請も必要になります。)

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

お問い合わせ

市民課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。