現在位置 ホーム > くらしの情報 > 届出・証明 > 「届出・証明」のお知らせ > 住民票などへの旧姓(旧氏)併記ができます

印刷する

更新日:2021年1月29日

ここから本文です。

住民票などへの旧姓(旧氏)併記ができます

令和元年11月5日から住民票に旧姓(旧氏)の併記を求めることが可能です。

旧姓(旧氏)を記載した場合

住民票、印鑑登録証明書、マイナンバーカードなどに現在の氏と旧氏の両方が記載されます。ただし、旧姓(旧氏)を省略した証明書は交付できません。また、旧姓(旧氏)での印鑑登録が可能になります。

旧姓(旧氏)が記載される利便性

種々契約や銀行口座が旧姓(旧氏)のまま引き続き使えます。仕事の場面でも旧姓(旧氏)が使えるようになります。

(注意)使用できる場面は、各制度を所管する省庁や民間企業等の判断によります。

旧姓(旧氏)を併記申請するためには

申請は取手市役所市民課、取手支所、藤代総合窓口課の三か所でお取り扱いします。窓口に配置する所定の届出書を提出してください。初回は戸籍謄本に記載されている氏の中から一つを選んで併記できます。

申請するためにおもちいただくもの

  • 使用したい旧姓(旧氏)から現在の氏が記載されたすべての戸籍謄本をご用意ください。
    ご提出いただいた戸籍謄本は返却しません。
  • マイナンバーカードに旧姓(旧氏)を追記しますので必ずご持参ください。
  • 本人確認できるものをご提示お願いします。本人確認できるものとはマイナンバーカード、免許証、パスポートなどです。写真付きの公的身分証明書がない場合は保険証と年金手帳または、保険証と銀行通帳などの2点ご提示で身分確認させていただきます。

旧姓(旧氏)の併記をやめることはできます

申請により旧姓(旧氏)を削除することは可能です。窓口で所定の届出書を提出してください。再び併記を希望する場合は、氏が変更になった時に限り新たに生じた旧姓(旧氏)の中から一つを選ぶことにより可能です。

総務省のホームページ・パンフレットを併せてご覧ください

総務省ホームページ(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

法務省パンフレット表面(PDF:919KB)(別ウィンドウで開きます)
法務省パンフレット裏面(PDF:440KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱