ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年11月5日

中間検査制度

中間検査は、建築物の安全性を確保する為、建築物に対して工事中に行なうものです。
建築主の皆様は、検査対象の建築物を建築する場合には、工事中に検査を受けなければなりません。

中間検査対象建築物、特定工程等について

対象区域

取手市全域

対象期間

平成24年4月1日から当分の間とします。
この期間内に特定指定工程に達したものが対象となります。

対象建築物

  1. 一の建築物における新築、増築又は改築に係る部分について、地階を除く階数が3以上、又は延べ面積が500平方メートル以上のもの
  2. 主要構造部の全部又は一部を木造とする一戸建ての住宅、共同住宅、長屋又はこれらの用途を兼ねる建築物であって、一の建築物における新築又は改築に係る部分の地階を除く階数が2以上、かつ、延べ面積が100平方メートル以上のもの

中間検査適用除外建築物

  1. 建築基準法第6条の4第1項第1号に掲げる建築物
  2. 建築基準法第18条の規定の適用を受ける建築物
  3. 建築基準法第85条の規定の提供を受ける建築物
  4. 建築基準法施行令第80条の2第1号の規定に基づき枠組壁工法を用いた建築物又は建築物の構造部分の構造方法に関する安全上必要な技術基準を定める件(平成13年国土交通省告示第1540号)に適合する構造の建築物
  5. 建築基準法施行令第80条の2第1号の規定に基づき丸太組工法を用いた建築物又は建築物の構造部分の構造方法に関する安全上必要な技術基準を定める件(平成14年国土交通省告示第411号)に適合する構造の建築物
  6. 住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)に基づき構造の安定に関する住宅性能評価の適用を受ける建築物

指定特定工程

  1. 主要構造部が鉄骨造又は鉄骨鉄筋コンクリート造である建築物に係る工事にあっては、1階部分の鉄骨の建て方工事の工程
  2. 主要構造部が鉄筋コンクリート造であり、かつ、平屋建てである建築物に係る工事にあっては、屋根及び梁(基礎梁を除く。)の配筋工事の工程
  3. 主要構造部が鉄筋コンクリート造であり、かつ、地階を除く階数が2以上である建築物に係る工事にあっては、2階の梁及び床の配筋工事の工程
  4. 主要構造部が木造である建築物に係る工事にあっては、屋根工事及び軸組み工事の工程
  5. 1から4までに掲げる構造以外のものにあっては、2階の床の工事の工程

指定する特定工程後の工程

  1. 主要構造部が鉄骨造である建築物に係る工事にあっては、耐火被覆の工事、内装工事、外装工事その他鉄骨の接合部を隠ぺいする工事の工程
  2. 主要構造部が鉄骨鉄筋コンクリート造である建築物に係る工事にあっては、柱及び梁の配筋工事の工程
  3. 主要構造部が鉄筋コンクリート造であり、かつ、平屋建てである建築物に係る工事にあっては、屋根及び梁(基礎梁を除く。)のコンクリートの打込みの工事の工程
  4. 主要構造部が鉄筋コンクリート造であり、かつ、地階を除く階数が2以上である建築物に係る工事にあっては、2階の梁及び床のコンクリートの打込みの工事の工程
  5. 主要構造部が木造である建築物に係る工事にあっては、壁の内装工事及び外装工事の工程
  6. 1から5までに掲げる構造以外のものにあっては、2階の柱及び壁の取り付けの工事の工程

中間検査のフロー

 

指定特定工程に係る工事終了から4日以内に中間検査申請書の提出。4日以内に中間検査。中間検査合格証の発行。指定特定工程後の工事開始

  1. 指定特定工程に係る工事が終了してから4日以内に中間検査申請書の提出
  2. 中間検査申請書の提出から4日以内に中間検査(工事監理者立ちあい)
  3. 検査合格後、中間検査合格証の発行
  4. 指定特定工程後の工程の工事開始

申請について

手数料について

検査対象床面積の算定について

  • 「鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造である建築物に係る工事で、特定工程が1階部分の鉄骨の建て方工事」の場合は、2階の床ばり部分まで床があるものとみなして床面積を算定します。
  • 「鉄筋コンクリート造である建築物に係る工事で、特定工程が2階のはり及び床の配筋工事」の場合は、はり又は配筋の工事が完了している2階の部分についても、床があるものとみなして床面積を算定します。
  • 「主要構造部が木造である建築物に係る工事で、特定工程が屋根工事及び軸組み工事」の場合は、屋根工事完了段階で検査を行うので、延べ面積が中間検査対象の床面積となります。

中間検査手数料に関する床面積の算定方法についての上述の内容を図示した図

なお、検査対象の建築物が一つの敷地に複数棟ある場合は、それぞれの建築物ごとに検査の申請になります。又、一の対象建築物を2以上の工区に分けて建築する場合は、それぞれの工区ごとに検査の申請になります。

お問い合わせ

建築指導課 

茨城県取手市西2-35-3

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-72-6040

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱