ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年10月30日

第17回企画展 人間の発見

取手市埋蔵文化財センター第17回企画展

人間の発見 常総台地の旧石器文化

開催期間

平成17年10月25日から12月22日まで

概要

相沢忠洋が関東ローム層から黒曜石製の尖頭器を発見したことで日本にも旧石器時代が存在することが明らかになったことは有名な話です。取手市では、ゆめみ野地区の土地区画整理事業の事前調査で、旧石器時代の柏原遺跡が発見されています。数少ない貴重な旧石器時代の遺跡について紹介しました。

パンフレット目次

人間の発見 常総台地の旧石器文化

  1. 取手市内の遺跡
  2. 県内周辺の遺跡

第17回企画展のパンフレット画像

第17回企画展パンフレット(PDF:821KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱