現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > ロビン > 取手で夢のようなマンスリー・ライブ企画 (ロビン)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2018年3月16日

取手で夢のようなマンスリー・ライブ企画 (ロビン)

知っている人はよく知っている、知らない人でも知らず知らずに演奏を聴いたことがあるであろう大物ミュージシャンが、取手のあるスペースで、ほぼ毎月行うライブ企画を立ち上げたそうです。

大物ミュージシャンとは、沼澤尚(ぬまざわ たかし)さんという世界的なドラマー(太鼓叩き)で、もともとは海外で、チャカ・カーンさんやボビー・ウーマックさん、シーラEさんのツアーでドラムをたたいていました。いわゆる逆輸入的に日本に戻ってきて今では日本の音楽界に無くてはならないミュージシャンとして活躍されています。

国内では、例えば下記のような方々のところで演奏しています。

スガシカオさん、山崎(やまざき)まさよしさん、槇原敬之(まきはら のりゆき)さん、中島美嘉(なかしま みか)さん、大塚愛(おおつか あい)さん、岩崎宏美(いわさき ひろみ)さん、尾崎亜美(おざき あみ)さん、大貫妙子(おおぬき たえこ)さん、矢野顕子(やの あきこ)さん、椎名林檎(しいな りんご)さん、角松敏生(かどまつ としき)さん、井上陽水(いのうえ ようすい)さん、奥田民生(おくだ たみお)さん、平井堅(ひらい けん)さん、吉田美奈子(よしだ みなこ)さん、大黒摩季(おおぐろ まき)さん、などなどなどなど。

実は1998年の長野オリンピック閉会式でも演奏されていたのでご覧になったかたもいらっしゃるかもしれません。(演奏曲は、子供たちにも人気の「WAになっておどろう」で、オリジナルCDでもドラムを叩いていらっしゃいます。)

慶應義塾大学卒業で、企画力、実行力、周りの人を巻き込む力、お人柄も抜群のかたです(少なくとも自分はそう思っています)。
写真集でもありエッセイ集でもありドラム教則本でもある書籍を出していたり、ニューバランス社とのコラボレーションでドラマー専用のスニーカーを発売したりもしています。

そんなかたが、取手で企画をしてくださる、なんともすごいことではありませんか?
是非、取手の魅力向上につながって欲しいなぁ、と思い、思わず熱く語ってしまいました…。(というのも、もう長年のファンなので、嬉しくて嬉しくて…。)

企画の名前は「Takashi Numazawa presents "Sunday Evening Concert Series”」で、Atelier ju-touさんというところで行われます。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先

広告エリア

広告募集要綱