現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > 健康診査・検診 > 検診 > 大腸がん検診を受けるには

印刷する

更新日:2022年6月10日

ここから本文です。

大腸がん検診を受けるには

大腸がん検診の説明ページです。市内在住の40歳以上のかたが受診できます。

検査内容

大腸がん検診

便の潜血検査(2日法)を行います。

便の潜血検査では、便に潜む血液の有無を調べます。大腸がんやポリープなどがあると、便の中に血液が混じることがあります。受診者が専用の検体容器に便を採取して提出します。

対象

市内在住の40歳以上(令和5年3月31日現在)のかた

茨城県の検診指針では、特に受診を推奨する年齢を40歳以上69歳未満のかたとしていますが、40歳以上の全てのかたが受けられます。

申し込み方法

申し込み方法が3つ(A・B・C)あります。いずれかの方法をお選びください。

(注意)令和3年度より特定健診会場での申込みができません。ご注意ください。

A電話(保健センター)またはBホームページメールフォームでお申し込みの場合

申し込み期間

前半(6月から7月検診分):5月16日(月曜日)から7月13日(水曜日)まで

後半(10月から11月検診分):9月15日(木曜日)から11月2日(水曜日)まで

C特定健診等の特設コールセンターでお申し込みの場合

特定健診会場(集団健診のみ)で特定健診・健康診査、肺がん検診、肝炎ウイルス検診、前立腺がん検診を受診するかたは、健(検)診予約専用の特設コールセンターで合わせて申込みができます。

申込み開始は、6月中旬から予定しています。(申込み時期になりましたらお知らせします。)

自己負担金

500円
生活保護受給者のかたは、生活保護受給証明書の提示により自己負担金が無料となります。

受診日時点で市内に住民票がないかたや、年度内(令和4年4月1日から令和5年3月31日)に重複受診をした場合は、検診料金(自己負担金を除く)を返金していただきます。

大腸がん検診無料クーポン券対象者(令和4年4月1日現在)

41歳 1981年(昭和56年)4月2日から1982年(昭和57年)4月1日生まれのかた

大腸がん検診の検体容器の提出方法

胃がん検診会場で提出の場合

特定健診等の集団健診会場で提出の場合

保健センター窓口で提出の場合

  • 場所:取手市立保健センター(新町2-5-25取手ウェルネスプラザ2階)
    (注意)駐車料金は入庫から30分以内まで無料です。
  • 日程(土曜日・日曜日・祝日を除く)
    前期日程:6月6日から8月5日まで
    後期日程:10月3日から11月25日まで
  • 時間:午前8時30分から午後4時まで

お持ちいただくもの

  • 検体容器(2日分採便したもの)
  • 自己負担金(500円)
  • 大腸がん検診無料クーポン券(対象者のみ)
  • 問診票
  • 健康保険証
  • 生活保護受給証明書(生活保護受給者のかた)

結果の通知

受診日から約5週間後に郵送でお送りします。

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

広告エリア

広告募集要綱