現在位置 ホーム > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・予防 > 予防接種 > ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防ワクチン

印刷する

更新日:2022年6月10日

ここから本文です。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)予防ワクチン

ヒトパピローマウイルス感染症予防ワクチン(以下HPVワクチン)の定期予防接種が開始されてから、ワクチンとの因果関係が否定出来ない持続的な疼痛等の副反応が報告されていたため、平成25年6月14日に、厚生労働省から積極的な接種勧奨を差し控える旨の通知が出ていました。しかし、国の検討部会でワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認されたため、令和3年11月26日付けで同通知が廃止されました。

HPVワクチンの接種は強制ではありません。
厚生労働省にHPVワクチンと接種に関するご案内が掲載されています。
有効性やリスクなどを十分に理解した上で、接種を受けるかどうかご検討ください。

厚生労働省「ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン)」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

定期予防接種の受け方、委託医療機関等は以下の取手市ホームページをご覧ください
子どもの定期予防接種

小学6年生から高校1年生の女子

定期予防接種として、接種時に取手市に住民票のある小学6年生から高校1年生の女子は、合計3回ワクチンの接種を受けることができます。

対象者には、接種の集中を避けるため、4月以降順次、案内と予診票を送付します。
転入者や早めに予診票がほしいかたは、母子健康手帳や接種歴の分かるもの(予防接種済証など)を持参し、保健センターへ申請してください。

(補足)平成18年度生まれの女性は令和5年から6年の2年間、平成19年度生まれの女性は令和6年度の1年間キャッチアップ接種の対象となります。

キャッチアップ接種

積極的勧奨の差し控えにより、接種の機会を逃したかたの接種を定期予防接種(全額公費負担)として実施します。
対象となるかたには、順次案内と予診票をお送りします。転入者や早めに予診票がほしいかたは、母子健康手帳や接種歴の分かるもの(予防接種済証など)を持参し、保健センターへ申請してください。
(注意)過去に接種した分と合わせて3回の助成です。過去に受けた回数分の予診票は使えませんので、必ず破棄してください。
(注意)同じ種類のワクチンで3回の接種を終わらせるようにしてください。過去に受けたワクチンの種類が分からない場合は、医師と相談し接種を検討してください。

対象者

以下の要件をすべて満たすかた

  • 接種日に、取手市に住民票のあるかた
  • 平成9年度生から平成17年度生の女性(平成9年4月2日から平成18年4月1日までに生まれた女性)
  • 過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていないかた

助成期間

令和4年4月1日(金曜日)から令和7年3月31日(月曜日)まで

償還払いの対応

キャッチアップ接種の対象者のうち、定期接種を受けておらず、定期接種の対象年齢を過ぎてHPVワクチンの接種(2価・4価ワクチン)を令和4年3月31日までに自費で受けたかたを対象に検討しています。
国の要綱等、対応が決定次第ホームページでお知らせします。
接種した記録や領収書は申請時に必要となりますので、大切に保管をお願いします。

HPVワクチンに関する相談先

接種後に健康に異常があるとき

まずは、接種を受けた医師またはかかりつけ医にご相談ください。

予防接種による健康被害救済の申請について

取手市立保健センター保健予防係(電話番号0297-85-6900)
受付時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

HPVワクチンを含むワクチン全体の健康被害救済制度については以下のページをご覧ください。
厚生労働省「予防接種健康被害救済制度について」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

不安や疑問があるとき、困ったことがあるとき

  • 茨城県保健福祉部感染症対策課(電話番号029-301-3219)
    受付時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)
  • 茨城県教育庁学校教育部保健体育課健康教育推進室(電話番号029-301-5349)
    受付時間:月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)

HPVワクチンを含む予防接種、性感染症、その他感染症全般に関すること

厚生労働省感染症・予防接種相談窓口(電話番号03-5276-9337)
受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時(土曜、日曜、祝日、年末年始は除く)

20歳以降は定期的に子宮頸がん検診を受けましょう!

ワクチンを接種するだけでは、子宮頸がんの発症を100パーセント防ぐことはできません。ワクチン接種と合わせて、子宮頸がん検診を定期的に受け、がんを早期発見することも大切です。
取手市が実施する子宮頸がん検診については、以下のページをご覧ください。
子宮がん検診を受けるには

お問い合わせ

保健センター 

茨城県取手市新町2-5-25 取手ウェルネスプラザ2階

電話番号:0297-85-6900

ファクス:0297-85-6901

広告エリア

広告募集要綱