現在位置 ホーム > 市政情報 > 取手のまちづくり > シティプロモーション > JR東日本との連携による市の魅力発信

印刷する

更新日:2022年5月13日

ここから本文です。

JR東日本との連携による市の魅力発信

JR東日本との連携による駅のデジタルサイネージ等での市の魅力発信の取組が始まりました

東日本旅客鉄道株式会社(以下、「JR東日本」という。)と常磐線沿線の松戸市、柏市、我孫子市、取手市の4つの沿線自治体は、連携して地域活性化に取り組んでいます。

この連携により、沿線自治体の歴史や自然などの資源について「知らない、だからおもしろい」をキャッチコピーとして、常磐線沿線の魅力についての情報発信を行なうとともに、「駅からハイキング」等のイベントを行っています。

取手市としては、JR東日本が持つウェブサイトやSNS、駅のデジタルサイネージ等を通じたタイムリーな魅力発信、「駅からハイキング」や「常磐線産直市」等への参加により、沿線地域の活性化を目指していきます。

詳しくは「常磐線の___!JOBANSEN KNOW(ジョウバンセンノウ)」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)をご覧ください。

ウェブサイトによる情報発信

「常磐線の___!」という統一した形で、常磐線「の」ことを「知る(know)」にかけたウェブサイト「JOBANSEN KNOW(ジョウバンセンノウ)」での情報発信

SNSによる情報発信

「♯jobansenknow」のハッシュタグを付けたTwitter、Instagram、Facebookでの情報発信

デジタルサイネージによる情報発信

  • 常磐線各駅及び東京駅、品川駅等のデジタルサイネージ(電子公告)にて、沿線の魅力を動画で発信(配信する内容は時期によって異なります)
  • JR取手駅のデジタルサイネージは東口及び西口に1か所ずつ設置

デジタルサイネージ(常磐線の水辺)

お問い合わせ

政策推進課 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-73-5995

広告エリア

広告募集要綱