現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 行政視察の受け入れ > これまでの視察受け入れ状況 > 静岡県掛川市議会の皆さんが視察来庁

印刷する

更新日:2023年4月5日

ここから本文です。

静岡県掛川市議会の皆さんが視察来庁

令和5年3月30日、静岡県掛川市議会の行政視察を受け入れました。

行政視察では新型コロナ感染症拡大防止のため、以下の対策を実施し視察を受け入れました。

  • 行政視察会場の入り口前にアルコール消毒液を設置。
  • 出席者はマスク着用を徹底。
  • 出席者は密集しないように間隔をあけて着席。
  • 出入り口、窓の一部は常に開放し換気を実施。
  • 各視察終了後は、議会事務局において、机・椅子等の消毒。

掛川市議会からは松本議長、二村副議長をはじめ、議会運営委員会の皆さんと議会事務局職員の合計13人が視察来庁されました。取手市議会からは金澤議長、議会運営委員会の赤羽委員、議会事務局職員が参加しました。

スーツを着た短髪の男性が立って挨拶をしている
掛川市議会の松本議長

スーツを着た短髪の男性が立って挨拶をしている
掛川市議会の山本議会運営委員長

スーツを着た短髪の男性が立って挨拶をしている
掛川市議会の鈴木議会運営副委員長

掛川市議会の皆さんからは、事前に、オンライン会議システムを活用した取手市議会の様々な取り組み、コロナ禍に対応した議会運営や、ICTを活用した災害対応訓練について調査され、多くの質問事項をいただきました。それらの質問事項に1つずつ回答・説明をしていく形で研修が行われました。資料や実際の会議映像を使って説明を行うことで、取手市議会の取り組みを目で見て、耳で聞いて、肌で体感していただきました。

会議室にて、スーツを着た男性と女性が合計7名、こちらに背を向けて座っている。奥のスーツの男性1名が座り、脇にスクリーンがある

また研修中も説明の都度、多くの質問をいただき、オンライン議会の実現や開かれた議会づくりに対する熱が強く伝わってきました。取手市議と職員がこれまでの経験に基づくお話やアドバイスをさせていただき、非常に熱い意見交換を行うことができました。

議場の議長席前に、スーツを着た女性4人と男性10人が横一列に並び、笑顔でこちらを向いている

掛川市議会は現在、タブレット端末と電子書棚アプリを議会で活用し、積極的に議会改革を推し進めている議会です。これからもお互いよりよい議会となるように頑張っていきましょう!

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

広告エリア

広告募集要綱