現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 埋蔵文化財センター企画展(アーカイブズ) > 第2回企画展 本多作左衛門重次と子孫たち

印刷する

更新日:2022年10月26日

ここから本文です。

第2回企画展 本多作左衛門重次と子孫たち

取手市埋蔵文化財センター第2回企画展

本多作左衛門重次と子孫たち

開催期間

平成12年8月8日から10月6日まで

概要

「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥せ」の簡潔な手紙の作者として名高い本多作左衛門重次は、取手に領地を得て取手で亡くなっています。市内台宿に墓所があり、青柳の本願寺が菩提寺となっています。また重次の子孫も、旗本として取手に領地を有し、明治維新を迎えます。取手と本多重次のつながりを紹介しました。

パンフレット目次

開催にあたって

  1. 本多重次の生涯
  2. 一筆啓上の手紙
  3. 重次の子孫
  4. 重次の墓の県史蹟指定運動
  5. 現代に生きる重次

第2回企画展のパンフレット画像

第2回企画展パンフレット(PDF:954KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生涯学習課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

広告エリア

広告募集要綱