現在位置 ホーム > 文化活動・観光 > 歴史・文化財 > 埋蔵文化財センター企画展(アーカイブズ) > 第8回企画展 水戸街道と取手宿本陣

ここから本文です。

印刷する

更新日:2020年10月15日

第8回企画展 水戸街道と取手宿本陣

取手市埋蔵文化財センター開館3周年記念企画展

水戸街道と取手宿本陣

開催期間

平成14年10月22日から12月20日まで

概要

江戸時代初め、水戸街道が取手を通るようになると、市内では取手と藤代が宿場となり、水戸藩主など大名が宿泊に利用する本陣が設けられました。旧取手宿本陣は、寛政7(1895)年の建築で、水戸街道に残る最古・最大の本陣となり、唯一公開されている取手市を象徴する文化財です。この水戸街道と本陣の歴史を紹介しました。

パンフレット目次

開催にあたって

  1. 文化財の指定と修理工事
  2. 水戸街道と取手宿の成立
  3. 描かれた水戸街道
  4. 水戸街道を通った人びと
  5. 近代化の旗手 染野晋

第8回企画展のパンフレット画像

第8回企画展パンフレット(PDF:852KB)(別ウィンドウで開きます)

PDFファイルなどは音声読み上げソフト等で正しく読み上げられない場合があります。必要に応じてお電話等で個別に対応させていただきますのでご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育総務課埋蔵文化財センター

茨城県取手市吉田383

電話番号:0297-73-2010

ファクス:0297-73-5003

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱