現在位置 ホーム > 月・木・SAY 職員のささやき > 魅力とりで発信課 > ロビン > 昔のホームページが閲覧できます (ロビン)

ここから本文です。

印刷する

更新日:2017年5月2日

昔のホームページが閲覧できます (ロビン)

取手市のホームページには、常時約5000ページもの情報が公開されています。
そのため、イベントや募集などの情報は終了したら削除するなど、ページが増え続けないような運用をしています。

日々新しいページが追加され古いページは削除され続けているため、「昨年の今頃は緑地運動公園で何かイベントをやっていたと思うんだけど、何だったっけ?」といったような時に、探している情報を見つけられないことがあります。

そんな時に活用できるのが「国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)」です。
「国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)」は、国立国会図書館が各所のホームページ定期的に収集・保存して、オリジナルの状態のまま閲覧できるようにしているものです。

地方公共団体のホームページは四半期ごとの収集なので、この収集タイミングにあったページしか見られない点は注意が必要ですが、このWARPのホームページを使えば、過去の情報も閲覧する事ができます。
是非、活用してみてください。

過去の取手市ホームページの一覧は下記リンクからご覧いただけます。
国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)「取手市」(外部リンク)(別ウィンドウで開きます)

ちなみに、保存されている一番古い情報は2004年9月2日のものです。
2004年9月2日の取手市ホームページ(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)のページが別ウィンドウで開きます)

また、例えば、2011年にダブルダッチチーム「DIANA(ディアナ)」さんが世界一になったときの情報も下記のように残っています。
ダブルダッチチーム「DIANA(ディアナ)」が世界選手権大会で総合優勝。世界一になりました。(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)のページが別ウィンドウで開きます)

 

 

2004年のHP

 

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望のお問い合わせ先