現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 行政視察の受け入れ > これまでの視察受け入れ状況 > 福岡県大野城市議会の皆さんが視察来庁

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年6月19日

福岡県大野城市議会の皆さんが視察来庁

平成30年5月17日木曜日、福岡県大野城市議会から井上都市環境委員長をはじめ、都市環境委員の市議6人と大野城市職員2人の計8人が取手市議会を視察しました。
大野城市の皆さんは、午前中に通学路やゾーン30の交通社会実証実験についての視察、午後からは議会改革の取り組みについて、取手市議会事務局職員との意見交換を行いました。

両市あいさつ

まず、最初に、入江議長から、歓迎のあいさつや、取手市の概要などを述べました。

あいさつする入江議長

続いて、大野城市議会の井上都市環境委員長から、今回の視察の目的や取手市議会事務局職員への思いを笑いを交えながらごあいさついただきました。

井上委員長あいさつ

第1部 ゾーン30交通社会実証実験について

事業の概要説明・質疑

建設部長や道路建設課職員から、取手市双葉地区で実施されたゾーン30事業の説明後、事業効果や目的など多くの質疑応答が行われました。

質疑応答の様子

現地視察

会議室での説明、質疑終了後、現地確認に向かいました。

双葉地区でゾーン分けされた道路を視察する様子

第2部 議会改革の取り組みについて

午後からは、取手市議会事務局職員との議会改革について意見交換を行いました。

最初に、これまでの取手市議会と議会事務局の主な取り組みの紹介を画像を用いて説明しました。

説明を聞く大野城市議

中でも、取手二中とのコラボ企画「議会を知り・未来を語る」の事業に関しては、大野城市議会でも今年度、中学校と議会の合同事業を検討されているため、数多くの質疑応答や意見交換が行われました。

意見交換の様子

また、5月7日に実施した県内等の女性議員による意見交換会時の「イエス・ノー」カードを用いたジャッジ・タイムの体験を大野城市議会の皆さんと取手市議会事務局職員とで、2グループに分かれて対話しました。

イエス・ノーカードを用いた対話

和やかな中にも熱い意見交換や質疑応答が行われ、予定時間もあっという間に過ぎ、平井副委員長から感謝のごあいさつをいただきました。

あいさつする平井副委員長

議場の見学

場所を議場に移し、取手市議会での表決システムについても視察されました。

表決システムを体験している様子

記念撮影で視察研修終了

議場にて集合写真

最後に、議場で記念撮影を行い、研修は終了しました。

大野城市議会の皆さん、お疲れさまでした。私たち取手市議会事務局職員にとりましても、大変有意義な時間となりました。

今後もお互いによりよい議会・市政を目指して、がんばりましょう。

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱