現在位置 ホーム > 市政情報 > 市長・議会・各種委員会 > 市議会 > 市議会トピックス > 山口凌河さんが県南市議会議長等へ講演

ここから本文です。

印刷する

更新日:2019年2月14日

山口凌河さんが県南市議会議長等へ講演

取手市議会棟で開かれた、県南市議会議長会で、「私の経験から見るインクルーシブ教育」と題して、市内在住の山口凌河(やまぐちりょうが)さんが1時間半にわたって講演しました。
県南市議会議長会は、県南の10市から構成する市議会の集まりで、各市の議長や副議長、事務局長などが講演を聞きました。
障がいについてなどをスライドで説明

わかりやすく説明する山口さん
山口さんは、東洋大学に通う大学生です。中学校在学中に、難病のレーベル病を発症し、約半年の間にほぼ視力を失ってしまいました。現在は、大学で社会福祉学科で学びながら、ゴールボールという競技で2020年の東京パラリンピック出場を目指して活動しています。

これらの経緯を踏まえて山口さんは、家族や友達への思い、ゴールボール競技との出会いなどを通じて感じたことなどを講演していただきました。講演中は、自ら作成したスライドを映し出し、参加者とコミュニケーションを図りながら進め、視覚障がいとはどんなことなのかを、時には参加者の笑いをとりながらわかりやすく説明されました。
そして、「視覚障がいとは、ただ、見えていないだけ。一つの個性であり、違いである」などの言葉を投げかけました。講演を聞いた参加者から「私たち議員に求めることは」との問いに、「施設の整備ということよりも、様々な施策等の情報が当人に届いてこないことへの支援を」などと、視覚障がい者に対する理解を求めました。
終了後には大きな拍手で、講演が閉じられました。
山口さん素敵な講演ありがとうございました。2020年東京パラリンピック出場と金メダル獲得を応援しています。

 

 

 

お問い合わせ

議会事務局 

茨城県取手市寺田5139

電話番号:0297-74-2141(代表)

ファクス:0297-74-1990

このページを評価してください。あなたのひとことが取手市ホームページを良くします。

このページの感想を教えてください。(複数選択可)

  • 回答が必要な内容はこのフォームではお受けできません。
  • 住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報は記入しないでください。
  • 文字化けの原因となるので、丸付き数字などの機種依存文字や半角カタカナは 使用しないでください。

広告エリア

広告募集要綱